シカネーダー - 原研二

シカネーダー

Add: edihecy45 - Date: 2020-12-09 16:26:57 - Views: 4508 - Clicks: 7515

原研二著 -- 平凡社, 1999, 342p. See full list on wpedia. シカネーダーの本の通販、原研二の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonでシカネーダーを購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではサブカルチャーの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. シカネーダー : 『魔笛』を書いた興行師 フォーマット: 図書 責任表示: 原研二著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 平凡社, 1999. シカネーダー -「魔笛」を書いた興行師- 原研二=著 平凡社 1999年発行 十八世紀のウィーン劇壇を息せき切って駆け抜けた男、エマヌエル・シカネーダー。この天才的興行師にして俳優、台本 作家は、ひたすら観客の度胆を抜き、熱狂させることに邁進し. 『シカネーダー 「魔笛」を書いた興行師』 平凡社: 1999: 論文 「愛のグランド・オペラ『トゥーランドット』」(1,2,3) Bunkamura:: 論文 「観光ロマン主義のリアル/ワーグナー光学論の試み: 東京書籍: : 論文 「詩は絵のように」(11回連載) 思潮社.

原研二 → 原研二 (1951年生のドイツ文学者) 原研二 (ドイツ語圏文化史、翻訳家) → 原研二 (1949年生のドイツ文学者) と改名し、原研二を曖昧さ回避記事にすることを提案します。なお、このノートページ自体は非改名とします。. ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲 ; エマヌエル・シカネーダー台本 ; 原研二解説 ショパン. -- (平凡社ライブラリー ; 314) isbn : 新, 旧. レーゲンスブルクで母親の手で育てられた。母のユリアーナ・シースルはレーゲンスブルク大聖堂で信仰用具の販売に従事していた。イエズス会系ギムナジウム「ザンクトパウル」で学び、大聖堂楽長のヨハン・ヨーゼフ・ミヒルより音楽の教育を受け、レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊(Regensburger Domspatzen)に所属していた。1773年から、演劇の旅一座「モーザー演劇協会」の一員となり、アウクスブルクで合流し、後年には一座の演出も担った。この一座の巡回公演の一環として1780年、ザルツブルクに立ち寄ってレオポルト・モーツァルトと知り合い、息子のヴォルフガングとも最初の接点を持った。 この間、アウクスブルク劇場の支配人を務めたこともあった。 1777年2月9日、アウクスブルクの大聖堂でエレオノーレ(マリア・マグダレーナ、旧姓アルト)と結婚。 ウィーンでは1785年からケルントナートーア劇場とブルク劇場に出演した。ケルントナートーア城門外の斜堤区域(グラシ、Glacis、都市防衛上の理由から建物の建造を禁止された区域)に新しい劇場を造ろうと画策するが、皇帝ヨーゼフ2世により却下され、1787年、一座を率いてレーゲンスブルクへ向かった。1789年、ウィーンに戻ったが、その頃にはすでに、1787年に劇場支配人クリスティアン・ロスバッハにより、郊外のウィーン川沿いにフライハウス劇場(または、ヴィーデン劇場、アウフ・デア・ヴィーデン劇場)が新設されており、その杮落しに1789年7月12日、シカネーダーの作品、「山の愚かなアントン」が上演された。続いて、1791年9月30日、モーツァルトの「魔笛」が初演され、シカネーダーの経歴上、最大の成功を収める作品となった。ウィーン民衆演劇の伝統に乗った登場人物、鳥刺しのパパゲーノをシカネーダー自身が演じた。「魔笛」の度重なる上演から得た莫大な収益を元手に、商人のバルトロメウス・ツィッターバルトの援助を受け、フライハウス劇場からウィーン川を挟んだ対岸の位置に新しい劇場(アン・デア・ウィーン劇場)の新設が実現した。これにより、フライハウス劇場は1801年に閉場となり、賃貸住宅へと改装された。 アン・デア・ウィーン劇場は、1801年6月13日、シカネーダーの台本によるオペラ、「アレクサンダー」(フランツ・タイバーの作曲)で開場した。この劇場で. 原研二『シカネーダー 「魔笛」を書いた興行師』(1999年12月1日、平凡社)ISBN; ドイツ語文献.

写真集『シカネーダー』原研二のレンタル・通販・在庫検索。グラビア・アイドル・モデル・女優やイケメンタレントの 情報も充実。TSUTAYAのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:平凡社. シカネーダー~魔笛を書いた興行師~(原研二著) ミュージカル観てから読むとエピソードのひとつひとつが面白さ倍増。もう「絵」が浮かんで踊りだしちゃうくらい鮮明なシカネーダー像が浮かんできます。. 原 研二(はら けんじ、1949年 - )は、日本のドイツ文学者。 大妻女子大学教授。. 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 シカネーダー 『魔笛』を書いた興行師 / 原 研二 / 平凡社 文庫【メール便送料無料】【あす楽対応】.

シカネーダー伝 : 『魔笛』を書いた興行師 資料種別: 図書 責任表示: 原研二著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新潮社, 1991. 12 形態: 257p ; 20cm 著者名: 原, 研二(1949-) シリーズ名: 新潮選書 書誌id: bnisbn:. 所属 (現在):大妻女子大学,比較文化学部,教授, 研究分野:独語・独文学,ヨーロッパ語系文学, キーワード:シンケル,メディア,パノラマ,魔笛,オペラ座,図像,ワーグナー,Wagner,フィグーレンゲディヒト,エクプラシス, 研究課題数:4, 研究成果数:11. シカネーダー伝 : 『魔笛』を書いた興行師 フォーマット: 図書 責任表示: 原研二著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 新潮社, 1991.

シカネ-ダ-伝 - 『魔笛』を書いた興行師 - 原研二 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. シカネーダー 『魔笛』を書いた興行師. 1890:「エマヌエル・シカネーダー」、『一般ドイツ人物伝記事典』の項目 Schikaneder, Emanuel. シカネーダー - 『魔笛』を書いた興行師 - 原研二 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 【1日~3日以内に出荷】。【中古】 シカネーダー伝 『魔笛』を書いた興行師 / 原 研二 / 新潮社 単行本【宅配便出荷】. 原 研二『シカネーダー―『魔笛』を書いた興行師』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. Amazonで原 研二のシカネーダー―『魔笛』を書いた興行師 (平凡社ライブラリー)。アマゾンならポイント還元本が多数。原 研二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 12 形態: 342p シカネーダー - 原研二 ; 16cm 著者名: 原, 研二(1949-) シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 314 書誌id: baisbn:.

シカネーダー : 『魔笛』を書いた興行師 / 原研二著 Format: Book Reading of Title: シカネーダー : マテキ オ カイタ コウギョウシ Language: Japanese Published: 東京 : 平凡社, 1999. 十八世紀のウィーン劇壇を息せき切って駆け抜けた男、エマヌエル・シカネーダー。この天才的興行師にして俳優、台本作家は、ひたすら観客の度胆を抜き、熱狂させることに邁進した。そして、もう一人の天才モーツァルトと出会い、オペラ『魔笛』を我々に残した。スキャンダラスな誇大. 宮崎県生まれ 。 1972年東京大学文学部独文科卒、1978年同大学院人文科学研究科大学院独文学博士課程中退。.

1890:「エマヌエル・シカネーダー」、『一般ドイツ人物伝記事典』の項目 9 イラストオペラブック 2 所蔵館25館. 12 形態: 342p : 挿図, 肖像 ; 16cm 著者名: 原, 研二(1949-) シリーズ名:.

シカネーダー - 原研二

email: hovitiru@gmail.com - phone:(238) 445-8345 x 9253

佐賀県の専門教養 音楽科 2009 - 協同教育研究会編集部 - 丸尾末広 パノラマ島綺譚

-> 乾物ダメ母の歩む道 - 大滝悠玖子
-> 星のふる夜に - 千住博

シカネーダー - 原研二 - 日本統計年鑑 総務省統計局


Sitemap 1

歌集・十三夜 - 佐久間裕子 - 津田英二 知的障害のある成人の学習支援論